2013年05月11日

花まつり

5月8日、お釈迦様のお誕生日を祝して花まつりを行いました。誕生仏の頭上に、甘茶をかけてお祝いをします。毎年、フルールうちださんからたくさんのお花を頂きます。花で飾られた花御堂は、お釈迦さまの生誕地ルンビニ園をあらわしているそうです。今年のお花はデルフィニウムやアンティーク風の薔薇などもあって、まるでイングリッシュガーデン風の屋根に仕上がりました。お釈迦様がお生まれになった時、天から祝福の甘い雨が降り注いだとされることにちなんで、お参りの皆さんに美味しい甘茶をお接待いたします。

hanamidou.JPG
posted by tohi at 11:21| 日記

2013年04月23日

空海・高野山検定お知らせ

第一回空海・高野山検定を下記のとおり開催いたします。
高野山検定.jpg

開催日 2013年6月9日(日)
開催場所 高野山/東京/名古屋/大阪/福岡
主催 空海・高野山検定委員会
監修 総本山金剛峯寺・高野山大学

詳しい内容、お申込は www.kentei-uketsuke.com/kukai/
   お問い合わせは tel 03-3233-4808         

posted by tohi at 11:09| 日記

2013年01月27日

大般若祈祷法会

P1220702.JPGP1220710.JPGP1220711.JPG

1月16日に執り行われました大般若祈祷法会の様子です。この法会では毎年、当院所蔵の十界曼荼羅図をお開帳致します。この掛け軸には、地獄と極楽の様子が描かれていて、わかりやすくあの世の姿を教え導いてくださっています。晴天に恵まれ、ご先祖のお墓参りとともに、一家安泰を祈念なさって、沢山の方々がお参りくださいました。また、前日の準備をはじめ、早朝からお手伝いくださったお世話人の皆様、本当に有難うございましたわーい(嬉しい顔)
posted by tohi at 11:10| 日記

2012年11月30日

修行大師法要

修行大師2.24年.JPG修行大師24年.JPGDSC_0078.JPG

去る11月21日に行われた修行大師法要の様子です。小春日和の好天に恵まれ、皆様大変喜んでいらっしゃいました。おぜんざいを頂いた後、村上憲市先生による記念講演を開催いたしました。地域の歴史について、プロジェクターの写真を見ながら、楽しく丁寧にご講義いただきました。朝早くからお手伝いいただいた皆様、有難うございましたわーい(嬉しい顔)
posted by tohi at 17:39| 日記

2012年11月26日

五段華

五段華.JPG五段華2.JPG

先日松山で開催された伝道大会にて五段華を活けました。華道高野山今治教室の皆様が、前日の夜遅くまでかかって準備をして下さいました。本当にお疲れ様でしたexclamation×2活け込み当日は私達東予教室もお手伝いに加わり、無事完成いたしましたわーい(嬉しい顔)
まるで大道具さんさながら、三脚に上がって活けていくという、なかなか体力と集中力のいる作業です。そして、完成した瞬間から、作品は私たちの手を離れ、舞台上で存在感を持って輝きますぴかぴか(新しい)
明日は観客の皆様に喜んでいただけますようにと、思いを込めて写真を撮ってまいりました。
posted by tohi at 11:29| 日記

2012年09月14日

四国地区特別伝道大会ご案内

〜高野山開創1200年記念大法会お待受け〜
高野山真言宗 四国地区特別伝道大会

大会テーマ 生かせいのち大師と共に
日時 平成24年11月13日 10時より
場所 ひめぎんホール 松山市道後2丁目5の2
主催 高野山真言宗 愛媛宗務支所

高野山真言宗管長 松長有慶大僧正をお迎えし、上記のとおり大会を開催致します。千載一遇のこの勝縁に、お誘い合わせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

















posted by tohi at 19:53| 日記

2012年07月02日

華道高野山DVD

お待ち受け華展.JPG

去る5月14日、15日にお待ち受け華展が兵庫司庁主催で行われました。山縣華務長先生の生け花実演を記録したDVDができましたexclamation×2
是非ご覧下さいわーい(嬉しい顔)ご希望の方は東予支部で注文をいたしますm(__)m

また、BS朝日「エコの作法」では、高野山・熊野大師教会にて山縣先生が五段華を生けていらっしゃいます。番組ホームページバックナンバーをご覧下さい→http://www.bs-asahi.co.jp/sahou/prg_031.html

posted by tohi at 10:16| 日記

2012年06月20日

巡礼の旅

四月下旬、新緑の美しい京都、奈良へ、20名の団体参拝、真言宗十八本山巡礼の旅に出かけました。真言宗には、十八の本山があります。これを全4回(1泊2日)に分けて参拝しています。今回は、その3回目で、京都の醍醐寺、随心院、勧修寺、奈良の西大寺・宝山寺・朝護孫子寺の6カ寺を巡りました。それに加えて、観光も兼ねて宇治の平等院、奈良の東大寺、興福寺国宝館に立ち寄りました。内でも、平等院と興福寺国宝館には感銘を受けました。
 
平等院鳳凰堂。10円玉のデザインで知らない人はないでしょう。平安末期(1000年前)に、末法思想が広がり、時の権力者、関白藤原氏が、贅を尽くしてこの世に極楽浄土を作り出しました。それが、国宝本尊阿弥陀如来像、池に浮かぶ宮殿、国宝鳳凰堂です。今や色あせてしまった壁面の弥陀来迎図、雲中供養菩薩像、堂内の彩色は隣接のミュージアムでCGを使って見事に再現されています。ため息が出るほど美しい。ただ、大量の修学旅行生で、人の渦に巻き込まれながらの拝観が残念。静かな時期に是非もう一度訪れたい『極楽浄土』です。しかし、世界遺産・有名観光地ですから無理ですかね。まあ、いずれは往けるでしょう、本物の極楽へ・・・
この間、若いお坊さんが、葬儀の説法の中で「極楽」のことを「天国」と申しておりました。「天国」とはキリスト教の表現なのですが。残念です。
 
興福寺国宝館。目玉は数年前に大ブレイクした美男子、阿修羅像が祀られてます。仏女(仏像好き女子の略)ブームの火付け役です。でも、こういった所に「展示」されている仏さまは「祀られている」と、表現していいのでしょうか?などと、硬いことも考えますが、ここは文句無く素晴らしく、奈良時代の仏像(すべて国宝)の息使いが感じられるものでした。
人気の阿修羅像は、八部衆立像と呼ばれる全八体の1つで、インドに伝わる異教の神々を仏教が取り込んだもの。だから基本、化け物の姿をした仏さまなのです。いくら美男子でも、顔が3つあって、腕が6本じゃあ、ちょっと・・・じゃないですか?
 
それよりも、お釈迦さまの十大弟子像が良かった。舎利仏や目連さん。新しく仏教が伝来した奈良時代、古の先人たちの、仏法への思いが込められた仏像に圧倒されました。
ここでは、修学旅行生の来襲も無く、ゆったりとした時を過ごせました。ここも再度訪れたい場所の一つとなりました。
 
これら以外、今回の巡礼でお気に入りへ登録したい場所。醍醐寺三宝院の庭園。遠近の美が緻密に計算され、遠くの滝の音がかすかに響きわたる、メローな空間でした。生駒の聖天さん(宝山寺)、信貴山の毘沙門さん(朝護孫子寺)は、大都会大阪を一望に見下ろす、霊験新かな聖地でした。
 
『祈りの旅(巡礼)』はありがたいです。余計なことを考えない『一心な旅』です。次は、秋に参ります。長谷寺・根来寺・高野山の予定です。宿泊は、美人の湯、秘境龍神温泉か?乞うご期待!興味のある方はご一報を。

〜ロータリークラブ週報原稿より〜

 
posted by tohi at 16:01| 日記

2012年05月10日

花祭り

5月8日はお釈迦様のお誕生日をお祝いする花祭りでしたわーい(嬉しい顔)
今年は甘茶の葉が間に合わず、有難いことに方々から分けていただきましたexclamation
ご親切に感謝して、大事に頂戴いたしましたハートたち(複数ハート)貴重な葉で煮出した甘茶だと思えば、さらに美味しく感じまするんるん
昨年に引き続きオアシスに花を挿して花御堂を飾りました。アンスリウムの赤が異国情緒たっぷりで、お釈迦様の生誕地ルンビ二園のようです。
DSC_0055.jpg

posted by tohi at 12:07| 日記

2012年04月04日

常楽会写真

P1190585.JPGP1190590.JPGP1190562.JPG
P1190564.JPGP1190584.JPGP1190591.JPG
P1190573.JPGP1190560.JPGP1190561.JPG

好天に恵まれ、のべ人数200人exclamation×2の皆様から、有難いご奉仕のお手伝いを頂きました。心より感謝申し上げますわーい(嬉しい顔)
posted by tohi at 22:20| 日記