2022年07月19日

青葉まつり

6月15日には、御大師様のお誕生日を祝して青葉祭りを行います。金生幼稚園年長児は葉っぱの冠作りをしました。事前に模様を描いた冠に、自分で作った葉っぱと本物の葉っぱを交えて装飾しました。完成した冠を被り、友達と見せあいっこを楽しんだり、ののさまにいつも見守ってくださりありがとうございます、おめでとうございますとお祝いと感謝の気持ちを込めて献花をしました。
青葉まつりP6150111.JPG青葉まつりP6150109.JPG青葉まつりP6150101.JPG青葉まつりP6150102.JPG
posted by tohi at 09:53| 日記

2021年05月18日

お花まつり

コロナ対策で甘茶のお接待は行わず、花御堂を本堂の中に設置しました。土曜日に登園している金生幼稚園の園児たちが誕生仏に甘茶をかけてお参りしました。
はなまつり.jpgはなまつり2jpg.jpgはなまつり4.jpg
posted by tohi at 20:02| 日記

2020年10月11日

立体アートの世界

金生幼稚園年中児がアート活動で生け花体験をしました。
まず華道高野山の動画http://www.kagakueizo.org/create/tokyo-sinemashinsya/439/で5色の光や地水火風空のお話を見ました。動画中の五輪の立体感をわかりやすく伝えるために五輪の模型を作り、子どもたちには『つち・みず・ひ・かぜ・そら』の文字と五輪の図形を書いたプリントも配布しました。
自分なりに五輪をイメージして色を塗ったり、模型を触ってみて素材にも興味津々の様子でした。
五輪の模型を実際に挿してみると、横に並んだ生け花と同じ配色なのがよくわかります。
花の色が五大元素(地水火風空)を表していること、花の形が立体であることを知った子どもたち。自分で花の色を選んだり、前だけでなく後ろからもお花を挿す姿がありました。
IMG_0125.JPGPA060003.JPGIMG_0108.JPG五輪模型.jpgPA060002.JPG五輪模型.jpg写真五輪の.jpg
posted by tohi at 22:39| 日記

2020年06月21日

青葉まつり

新型コロナウイルス感染症の影響により、恒例の花まつりを中止したため、今年度は金生幼稚園の子どもたちと6月15日に青葉まつりを行い、年長児がアート活動で挿し花をして献花をし、般若心経をお唱えして弘法大師さまのお誕生を華やかにお祝いしました。
ブログ2MG_2327.jpgブログ3.jpgブログIMG_2328.jpgぶろぐ.jpg
posted by tohi at 21:23| 日記

2019年05月11日

花まつり

お釈迦様のお誕生をお祝いする花まつり。「甘茶ってほんとうに甘いの?」「ののさまって何歳?」と、子ども達が花御堂のお釈迦様に甘茶をかけてお参りしました。
日頃お世話になっている警察の方をお招きして、感謝の気持ちを伝える花束・甘茶贈呈式も行われました。
P5088312.JPGfb1.JPGfb12.JPG
posted by tohi at 21:44| 日記

2018年07月14日

芭蕉の葉

金生幼稚園の子ども達がお寺の庭で芭蕉の葉っぱを見つけました。初めて見る大きな葉っぱにとても驚いていましたが、南の楽園を思わせるこの植物を園に持ち帰って、プールに浮かべてみたり、天井からつるしたり。
自然の不思議を楽しんでいました。
生活や遊びの中で身近な自然と関わりながら、園児達の豊かな感性や自然を大切にする心が育っています。
IMG_5491.JPGIMG_5492.JPGIMG_5490.JPGIMG_5476.JPG
posted by tohi at 17:17| 日記

2017年09月22日

高野山真言宗保育連盟保育大会

こちらからご覧ください↓
http://kinsei.sblo.jp/article/180786324.html
posted by tohi at 17:31| 日記

2017年06月01日

花まつり

fb2.JPGfb8.JPG
花まつりには、お釈迦様のお誕生をお祝いして、金生幼稚園の園児たちが地域の方々に花束や甘茶を差し上げて、日頃の感謝の気持ちをお伝えしています。
posted by tohi at 13:28| 日記

2017年03月11日

転衣式の華

S__1785858.jpgS__1785859.jpgS__1785887.jpgS__1785888.jpg

高野山金剛峯寺http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/jinai.htmlにて執り行われました法印転衣式(弘法大師の名代として、1年間法会を取り仕切る法印の転衣の儀式。)の大立華と上段の間(以前は天皇、上皇が登山された際の応接間として使用された所で、現在は高野山の重要な儀式に使用されています。)の真華です。華道高野山の講習会で荘厳真華の活けこみをさせて頂きました。朝から降り積もった参道の雪を踏みしめながら金剛峯寺大広間に到着。儀式の荘厳華を学ぶためにこれ以上の舞台はありません。全てのいけばなの源流は供華(たて花)様式の古典花です。荘厳真華とは、教えを説く華であり、その場がどのような場所であるかを指し示しています。花を飾ることによってその場所の空気が変わるのです。

ちょうど6年前の震災の前日もここで大立華を活けさせて頂きました。
今日、3月11日は各地で祈りの華が飾られています。

posted by tohi at 19:14| 日記

2016年11月29日

修行大師法要コンサート

11月21日、修行大師法要・コンサートを開催いたしました。多数の方々にご参加頂きまして、心から御礼申し上げます。御詠歌奉納と客殿で行われたコンサートの様子です。「昭和を謳う」と題して正岡省吾(ラジオパーソナリティー)さんの心温まるトークと素敵な歌声で楽しいひと時を過ごしました。
S__5554179.jpgS__5554178.jpg
posted by tohi at 11:51| 日記